治療

倉田鍼灸整骨院の鍼灸治療

鍼灸治療とは

鍼灸治療とは

鍼灸治療とは古来より広く慣れ親しまれてきた治療法のひとつで、鍼・灸を用いて人が潜在的に持っている、経絡(身体中をめぐる12の道)を気・血・水が規則正しく流れており、その変動を調整することで自然治癒力(自らが病気・未病を治そうとする働き)を高める治療のことです。(経絡治療)

「頭が痛い」「手足が冷える」など、いま出ている症状が「どこから起因するものなのか」を突き止めて根本的な治療ができるので、様々な疾患・症状の改善を図るだけでなく、疲労回復・ストレス改善・健康管理などを目的とした効果の高い治療法です。

腰が痛いからといって、ただ痛い部位にのみ施術を行うのでは、根本的治療ではありません。その腰痛が「なぜ起きていて」「どこから来ているものなのか」、例えば内臓からなのか、精神的ストレスからなのかなどをしっかり把握した上で施術を行うことが大切です。また、痛みが局所の問題ではなく、経絡(アナトミートレインと類似)上のどこか離れた部分で、元来弱い部分や過去のケガや障害及び姿勢保持からくるひずみによって起こる場合もあります。

当施設でも最近は内科的疾患・婦人科的疾患・精神疾患で来院される方が多くなっています。こうした疾患の患者様は腰痛・肩こり・背部痛などの関連痛をともなうことが多く、そうした痛みに対して根本的治療を行うことで症状を軽減させる効果が期待できます。

当施設で使用する鍼

当施設で使用する鍼

衛生面を考慮し、使い捨ての鍼を使用しているのでご安心ください。
「鍼は痛くて苦手」とおっしゃる方でも問題なく治療を受けていただけるように、当施設では痛みをともなわない独特の刺法を用いた、優しい施術を行っております。
また折鍼(体内に刺した鍼が折れること)・抜鍼困難(体内から、鍼が抜けにくくなること)といったリスクを常に考慮した上で安全な施術を心がけております。
当施設では、針山のように多くの鍼を用いて施術を行うのではなく、一本一本の鍼を丁寧に施鍼し、反応をみていくことにより、より少ない鍼で最大限の効果を引き出せるよう心がけております。

鍼灸治療が効果を示す症状

運動器系に起因する症状

鍼灸治療が効果を示す症状

倉田鍼灸整骨院では、スポーツ傷害の患者様が数多くいらっしゃいますが、その中でも特に運動動作時の痛み(投球時、ジャンプ動作、回旋動作時、切り替えし動作時)を訴える方が多い印象です。
これらの痛みの「根源はどこなのか」を考え、痛みを誘発する根源となる筋肉の緊張をコントロールしていきます。過剰に緊張している部分は緊張を落とし、逆に緩みすぎている部分は緊張を引き出しつつ、全体のバランスを整えます。
例えば「腰が痛くてたまらない」と訴えて来院される場合でも、腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアといった整形外科的な疾患の方もいれば、他の整形外科でレントゲンを撮ったものの特に問題がないと診断され、納得いかず再度受診される方もいます。
原因なしで痛みが出ることは考えられません。痛みを引きおこしている「根源」となる部分(姿勢保持・筋の短縮・安定性の欠如・筋力低下・日常の生活動作・筋肉のバランス・循環障害など)が必ずあるはずです。こういう場合に威力を発揮するのが鍼灸治療です。

女性特有の疾患にも対応可能です

女性特有の疾患にも対応可能です

倉田鍼灸整骨院では、女性のトップアスリートが来院されることが多く、また、チームに同行する機会も多くあります。
実は激しいトレーニングをしている女性は、婦人科疾患である機能性(原発性)月経困難症・器質性(続発性)月経困難症・エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌異常といった疾患を抱えていることがあります。
その結果として更年期障害のような症状に出くわす機会もあり、こうした症状に対する鍼灸治療も多数行っています。
そのため婦人科疾患で来院される患者様にも、信頼とともに治療効果も満足いただいております。アスリートに多い代表的な婦人科疾患について下記にまとめておきます。

機能性(原発性)月経困難症

プロスタグランジンの過剰分泌・器質的(身体的)原因はない

【症状】
月経前~月経時痛・頭痛・悪心・倦怠感・排便時出血・腰痛(月経後軽快する)

器質性(続発性)月経困難症

器質的(身体的)原因がある(子宮筋腫・子宮内膜症など)

【症状】
月経時痛・排便時痛・性交痛・不正出血・不妊(~30%)・腰痛(仙骨部結合織にあれば、月経時以外でも痛みがある)

更年期障害

エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌異常

【症状】
のぼせ・冷え・めまい・耳鳴り・イライラ・腰痛・背部痛・不眠・動悸・しびれ・うつ状態など

腰痛を引きおこす内科的疾患

循環器疾患

【解離性大動脈瘤】
突然おこる激烈な体幹部の痛みで発症。
解離が腹部におよぶと腹痛、腰痛をおこします。
【狭心症、心筋梗塞】
一般には前胸部で発症。
背部への放散痛をともなうことがあります。

消化器疾患

【急性膵炎】
激烈な上腹部痛、背部痛で発症。
胆石、アルコール多飲などの基礎疾患、誘因を持つものが多いです。
【胃潰瘍、十二指潰瘍】
上腹部痛で発症。
十二指潰瘍では、「胃の裏側で痛む」といった背部への放散痛を訴えるものも多いです。

腎、尿路疾患

【胃潰瘍、十二指潰瘍、腎盂腎炎】
高熱、悪寒、腰痛で発症。排尿痛、頻尿をともないます。
【腎膿瘍、腎周囲炎、腎結核】
結核の既往、他部位からの感染の波及。膿尿、血尿をともないます。
【嚢胞腎、腎腫瘍】
腫瘤の融知
【腎動脈塞栓、腎静脈血栓】
腫瘤の融知

その他

IgA腎症
側腹部痛
転移性骨腫瘍
前立腺癌、甲状腺癌、消化器癌、肺癌
強直性脊椎炎、脊椎カリエス、化膿性脊椎炎

腰痛を引きおこす神経内科・精神科疾患

腰痛を引きおこす神経内科・精神科疾患

うつ病・パニック障害・全般性不安障害(GAD)・社会不安障害(SAD)などがありますが、その他にも膝関節痛、肩関節痛・頚肩腕症候群・頭痛などの症状に対しても鍼灸治療は効果的です。

健康保険による治療について

倉田鍼灸整骨院では、自費治療とは別に健康保険による鍼灸治療も行っていますので、保険治療をご希望の方はご相談ください。

健康保険で
鍼灸治療を受けられる疾患

神経痛
リウマチ
五十肩
頚腕症候群(首・肩・腕に痛みやしびれ感をおこす病気の総称)
腰痛症
頚椎捻挫後遺症(むち打ちなど)
慢性的な膝関節痛など

上記疾患で医師の治療を受けていない方は、医療機関を紹介することも可能です。
保険で鍼灸治療を受けるには、受診されている医師の同意書が必要です。同意書の用紙はご用意しておりますので、ご希望の方はお声がけください。
※保険で鍼灸治療を受けられている間は、その疾患・部位に限り他の医療機関での治療は受けることができませんのでご注意ください。

トータルヘルスコンディショニング
         

有限会社 トータルヘルスコンディショニング/倉田鍼灸院・倉田鍼灸整骨院

営業・診療時間
9:00~13:00
(受付は12:00まで)
16:00~20:30
(受付は19:30まで)

お問い合わせCONTACT US

ご予約はお電話にて、
ご相談、ご質問は下記よりお願いいたします。

TEL 06-6381-1199

FAX 06-6381-1099

お問い合わせフォーム