物理療法

物理療法とは

物理療法とは

物理療法とは、電気や温熱、寒冷、光線といった物理的なエネルギーを用いて行う治療のことです。痛みの緩和、新陳代謝の改善、骨折の治癒、筋肉の再教育などの効果が期待できます。

「THCでは、高圧電流電気刺激・ロシアン電流(ES-520)・クライオセラピーなどの物理療法機器から超音波・微弱電流・オステオトロン・高周波・温熱など、症状に合わせた対応ができるよう、各種機器を設置しています。

また、2017年よりアキュスコープとマイオパルスという2種類の微弱電流治療器と、ハイチャージというハイトーン通電ができる機器を導入しております。

物理療法機器のご紹介

超音波

超音波

細かい周波数で熱振動を痛みのある部分に当てることで、その超音波が手では届きにくい骨・関節や筋肉などの組織に対して働きかけるため、肉離れ・関節拘縮・骨折・神経痛などの疾患に有効です。

アキュスコープ

アキュスコープ

従来の電気治療器では、電気を一方的に流し込むだけでしたが、アキュスコープ&マイオパルスは、微弱電流を痛みの局所・関連部位(神経レベル・脳)に送りコンピュータにより体内異常を数値化して読み取り、それらをもとに再度正常に近い電流を流すので、組織の回復がかなり期待できます。
※ある種、鍼治療に似た効果も期待できますので、鍼が苦手な方にとっては最適な治療器です。アキュスコープは主に神経系の痛みに有効です。

マイオパルス

マイオパルス

マイオパルスは筋肉・腱・靭帯・関節などの痛みに有効です。

グローブ導子

グローブ導子

グローブには電気が流れており、従来のシートやパットを患部に当てる治療方法にプラスして、手を用いることで手技との併用を可能にし、治療効果がより期待できます。

ハイチャージ

ハイチャージ

ハイチャージは周波数と振幅を同時に変調させることにより、局所的な痛みというよりは患部から広がる広範囲の痛みもカバーできる高周波治療器です。
また、組織細胞レベルに刺激を与え、特に「体内の代謝活性」に目を向けた治療器なので内臓の働き・血液リンパ液の流れの促進・神経・筋肉・骨・関節・腱・靱帯などにより高い治療効果が期待できます。

トータルヘルスコンディショニング
         

有限会社 トータルヘルスコンディショニング/倉田鍼灸院・倉田鍼灸整骨院

営業・診療時間
9:00~13:00
(受付は12:00まで)
16:00~20:30
(受付は19:30まで)

お問い合わせCONTACT US

ご予約はお電話にて、
ご相談、ご質問は下記よりお願いいたします。

TEL 06-6381-1199

FAX 06-6381-1099

お問い合わせフォーム